韓国旅行 ソウル旅行 part2-食事とトリックアイミュージアム-

94

韓国旅行の飛行機、ホテルに関しては、前回記事に記載しております。
韓国旅行記part1

この記事では、主に食事に関して、書きたいと思います。

 

韓国料理は辛すぎる?

韓国料理は、基本辛いです。しかも、日本で言う激辛味が韓国で言う、普通の料理になります。

特に青とうがらしは本当に、辛すぎて、火を噴きます。
見た目はししとうみたいですので、気を付けてください。

また、メニューを頼むと、お通しのようなものとして、キムチはナムルが何皿も出てきます。もちろん、タダですし、おかわりもできます
「ヨギヨー」(すいませんー)か、「サジャンニー」(社長ー)と店員さんに声を掛け、お皿を指させば、おかわりを持って来てくれます。

韓国料理は高い?

個人的に安いと思います。このクオリティーでこの値段で食べれて、お酒を飲めるのかーという印象です。

韓国は基本的になんでも居酒屋はないイメージです。私はこれまで、仕事で30回以上韓国を訪問しておりますが、店ごとに商品に特化しています。例えば、タコ料理屋さん、貝屋さん、チジミ屋さん、タラ料理屋さん、鍋屋さんのようにメニューも少なく看板商品のみお店が多いです。

お店の商品を群を減らすことで、仕入れる製品を少なくし、廃棄も減るので、いい物を安くで提供できています。

ただ、明洞でレストランに行った際、何でも居酒屋が多くありました。観光地ですので、色々な韓国料理を食べたい人が多いからだと思います。
美味しいですが、少し専門店に比べて割高なのかなと感じました。

一日目は韓国居酒屋のようなお店でチジミ、ピビンバ、生タコなどなど食べました。


メニュー


かなりボリューミーです。


韓国で有名はビールCass(キャス)です。
日本のビールよりも少し薄い気がします。

また、これにソジュ(チャミスル)を混ぜるとまろやかになり、非常においしくなりますので、是非試してください。
ここのお店の名前忘れてしまいました。(笑)
ただ、このように何でもある居酒屋は、どこも値段、味は変わらないと思いますので、その日の気分で、明洞の適当なお店に入ればよいと思います。

この日はこれで終わり。

チョンノオガ(Jongno 5(o)ga )の市場でご飯

次の日はチョンノオガ(Jongno 5(o)ga )という場所の市場に行きました。ここは非常におすすめ。ローカル感出ており、韓国の地元感を味わえます。

行き方ですが、明洞からバスに乗ればよいです。また、googleの性能が非常によく、google mapに行先を入れれば、現在地からの行き方を教えてくれます。

明洞からだと、104番のバスに乗るのがおすすめです。バスを降りればすぐにわかります。

ご飯もまた、美味しくて安い!

ピビンバもたったの約500円です。

チョンノオガ(Jongno 5(o)ga )から東出門(トンデモン)まで歩けます。徒歩20分です。

この後弘大入口(ホンデ)に行きます。

東出門(トンデモン)までは電車になります。電車の乗換案内は、コネスト 韓国地図使ってください。

とても便利で使いやすいです。

弘大入口では、Trick eye museumに行きました。ここには絶対行ってほしい!!
色々なだまし絵があり、VR体験や、氷で作った彫刻を見ることができます。
2時間は余裕で時間をつぶせます。

Trick eye museum ウェブサイト

場所:ホンデから歩いて10分
費用:だまし絵展+氷の彫刻=約1,500円
VR体験は一回約700円

その後お腹もまた減ってきましたので、韓国でもヤムニョムチキンのチェーンで有名なbhcに行きました。

弘大入口(ホンデ)駅からトリックアート展の通り道にあります。


この量で約2,000円です。かなりお腹膨れます。二人分でちょうど良いです。

その後は明洞に帰り、一度モーテルに帰り休憩し、ネットで話題になっていた、ソルロンタンのお店へ行きました。

神仙ソルロンタン

メニューも比較的安くお財布に優しい

韓国のご飯は基本辛く、刺激が強いものが多いですが、ソルロンタンは、凄く優しい味がし、また、ここのソルロンタンは、牛のダシが出ており、私達は非常に満足しました。

その後、出店で買い物したりと充実した観光ができました。

夜のThe saemでの韓国コスメショッピング情報
韓国旅行記 part3-韓国コスメ The saemは詐欺?-


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です