【二か国留学の体験談】二ヵ国留学の特徴とメリット、デメリット

1006

この記事では、フィリピン留学等の低価格留学と、オーストラリア留学等の英語留学を組み合わせた二か国留学について説明しています。

この記事はこんな方におすすめ
・二か国留学について知りたい
・お金がないが留学したい

フィリピン留学、オーストラリアで学んだ日常英会話や海外ドラマ、海外映画で見つけたかっこいい英語の言い回しを紹介するサイトです。
皆さんが楽しく英語を勉強し、英語ペラペラになる手助けできるような英語サイトを目指しています。

留学は英語上達への近道

英語を学びたいなら

海外留学が当たり前になったこの頃。第一外国語の英語なんかしゃべれて当たり前。
機会があるなら、迷っているなら絶対に行ってほしい海外留学。
「留学がちょっとなー」
と思う人でも、せめて、海外旅行には行ってください。

誰しもかっこよく英語を話したい、グローバル人材になりたいと思っていると思います。
日本国内で英語を勉強をすることも有効ですが、最も効率的に英語を学ぶのであれば、海外留学をすべきです。
ここで問題なのが、期間と費用になると思います。
期間は、少なくとも3ヶ月は、必要になります。
理想は、1年以上の海外滞在になります。

費用に関しても留学となると100万以上かかることになります。
この費用の部分を解決してくれる二か国留学に関してこの記事では説明します。

二か国留学とは? 二か国留学の特徴

単純に二つの国の組み合わせで留学することです。

前半は語学を学び、後半はすでに備わっている語学力を活かし、ワーキングホリデーなどの本格的な活動をすることができます。
フィリピン、インド、フィジー、マルタなどの発展途上国で、安価に英語を学び、その後に英語圏に留学するという、前半の後半に分けた今流行の新しい留学の形です。
前半は、マンツーマン授業をメインに行い、英語を徹底的に学び、後半はワーキングホリデーなど、より実践的な英語を学ぶことになります。
この記事では二か国の内、前半は、フィリピン留学、後半は、ワーキングホリデーをするという底で話を進めます。

フィジー、フィリピン、マルタなどは、お手軽な価格なだけでなく、かつ超高品質な英語の勉強をすることができます。
その後にロンドン、アメリカ、オーストラリア、カナダなどの英語圏に留学することで、より洗練された英語を学ぶことができます。
もちろん逆もしかりです。

フィリピンで留学からのオーストラリアでのワーホリ

これがパターン①になります。
フィリピンや、フィジーで語学学校へ通い、その後にオーストラリアやカナダでワーキングホリデーをするパターンになります。
最近このパターンが非常に流行っており、個人的にはこのパターンが一番おすすめです。

オーストラリア、カナダでワーホリからフィリピン留学

これがパターン②になります。
英語圏で留学、ワーキングホリデーをしたが、自分が思ったほど英語力を伸ばせず、フィリピン やフィジーに再度語学留学するパターン。
このパータン②が案外多いんです。
カナダや、オーストラリアでのワーキングホリデーをしたものの、向こうで日本人の友達をつくり、
日本食レストランで日本人や、アジア人としか働けなかったパターンです。

パターン②は、とりあえず、人生経験で海外にいくという人や楽しくワイワイやりたいという人なら全然良いのですが、
英語を学ぶという点から言えば、正直お金と時間の無駄だと私は感じます。
ですのでこの記事では全力でパターン①をおすすめしたいと思います。

留学に行っても英語が話せないことはあるのか?

パターン②の場合 もしくは、 英語圏でいきなりワーキングホリデーをする場合になります。

  1. いきなりオーストラリア、カナダなどの英語圏へ行く
  2. すぐにいい仕事が見つかると思っていたが、日本人だらけの職場で働くことに
  3. 英語を喋る機会がかなり少ない
  4. 英語上達が遅い
  5. 自信もつかず、さらに英語を話す機会が減る

このように悪循環が続き、英語が上達しません。
留学に行ったからと言って、英語が上達するとは、限りません。
やはり英語を話せるようになるためには、努力をする必要です。

二ヵ国留学のメリットは?

  • 留学費用が安くなる
  • 英語の上達が格段に早い

二ヵ国留学のデメリットは、今のところ見当たりません。

なぜ二ヵ国留学が良いのか?

二か国留学のメリットについては簡単な方式です!

  1. フィリピンや、フィジーで英語教育を受ける
  2. 英語の上達が異常に早い
  3. カナダ、オーストラリアで良い仕事を見つけやすい
  4. その職場、環境で英語を使える機会が増えて、さらに英語力が上達する

こう言うわけで、二か国留学をおすすめします。

英会話は、英語ができればできるほど、うまくなります。
英語力が上がれば、ネイティブの会話が徐々にわかるようになります。

そして、その会話で使われる英語表現なんかもそこで覚え、使えるようになります。
赤ちゃんが言語を覚えるときと同じ原理です。

英語がうまければ、ウェイターやウェイトレス、ホテルのカウンターなど英語を使う対人の仕事を得ることも簡単になります。
そして、ある程度英語をしゃべれて、ユーモアがあれば、異国の友達も増え英語を使う機会はさらに増えますよね!

留学の費用の比較

一概に、費用の比較はできませんが、一般的な費用の比較として

カナダやオーストラリアでの留学(4ヶ月が語学学校+8ヶ月ワーキングホリデー)

でおおよそ300万円ほどかかります。

一方で、フィリピン留学+カナダやオーストラリアでワーホリをする場合

これで言うと、150万円くらいで半額位の費用となります。

何故かと言うと、
カナダやオーストラリアでの生活費と語学学校の費用がフィリピンでのそれに比べるとべらぼうに安いからです。

私の2ヵ国留学体験談

フィリピン留学とオーストラリア ワーキングホリデーの生活

私は、フィリピンに4ヶ月、オーストラリアで7ヶ月ワーキングホリデーをしました。

フィリピンでは、クラスと、自習を合わせて毎日12時間以上勉強をしていました。
フィリピン留学では、基本的にマンツーマンであるため、英語を話す機会が格段に多くありました。
インプットは、授業が終わった後に復讐や、予習また映画から英語を学び、それを次の日の授業でアウトプットとして使いまくるという生活を4ヶ月行いました。
このおかげで、英語を大分上手に話せるようになり、オーストラリアでは、無事仕事を見つけることができました。

オーストラリアでは、3万円しか持たずに、シドニーに行き、仕事を死に物狂いで探しました。
幸いにも、シドニーから3時間ほど北に行った the entranceという超マイナーな田舎で、

ホテルに住み込みで働くことになり、そこではwifiもなく、ドイツ人と一緒に住みながら、お金を稼ぎました。
ここでは、2か月間一切日本語を話さずに過ごしました。英語だけの生活だったため、ここで大分さらに英語を鍛えることができたと思っています。

その後、Newcastleというサーフィンが有名な街へ行き、そこで、5か月間過ごしましたが、ここでの経験が今の私の英語力の源になっています。
ここで、超高級日本食レストランでウェイター兼バーテンダーをし、同僚もオーストラリア人であったため、日常英会話をほぼマスターすることができました。

部屋は、シェアハウスに住んでおり、毎週ハウスパーティーをしたり、日本で言うテラスハウスのような生活でした。
下記記事にオーストラリアでの生活を紹介していますので是非見てみてください。

オーストラリアでのテラスハウス生活 -オーストラリア ワーホリ生活-

2ヵ国留学の成果

結果としてTOEICは、600点から910点まで上がりました。
また、オーストラリアで2週間旅をしたのですが、そこで色々な国の方々と会い英語で会話をする機会があり、何人かからは、アメリカ出身だと思ったと言われる位にまで英語を話せるようになっていました。
そのおかげで、日本に帰国後は、新卒でメーカーの海外営業として、英語を使いながら働くことができました。

フィリピン留学を経験した他の体験談

フィリピン留学中のJumiさんからフィリピン留学での生活をレポートしてもらっています。
こちらの記事も参考に見てみてください。
より、リアルなフィリピン留学を知ることができます。

フィリピン留学現地での生活レポート

通常の留学は良いのか

では、フィリピンやフィジーで英語留学せずに、英語圏でホームステイをしながら語学学校に通い、その後ワーキングホリデーをするのはどうでしょう?

メリット

  1. コミュニティーがあるので、仕事の求人を見つけやすい
  2. 友達を作りやすい

デメリット

・べらぼうに留学費用が高い
・大人数でのグループ授業のため英語を喋る機会が少なく上達がかなり遅い。

この場合、質の低い仕事ならすぐ見つけることも可能です。そして、英語を共に学ぶアジア人や日本人と友達になり情報共有が簡単にできます。
メリットよりもデメリットが多い気がします。

こう言うわけで、パターン①の

  1. フィリピン、フィジーなどで安価留学
  2. 英語圏へ行きワーキングホリデー

をおすすめします!

あくまで、これは、経験と知人からの話を基にした私の個人的な意見です。
本当にすごい人はたくさんいます。
一概に私が勧める2ヵ国留学が良いとは言いません。
しかし、一意見として、参考にして頂ければ幸いです。

留学エージェントを使うべきか?

今や、留学エージェントは山ほどあります。
自分はどうすれば良いのか?と迷うと思います。

結果から言うと、留学に不安要素がたくさんある人は、エージェントを使うべきです。
エージェントがフィリピンなどの国での学校を斡旋してくれ、入学まで面倒を見てくれます。
また、後半でのオーストラリアやカナダでのワーホリ生活でも、現地側の事務所が困った際は助けてくれます。

これは、かなりメリットなると思います。

一方で、手数料として費用が増すことはデメリットになります。

自分で、フィリピンの学校に直接申し込み、ワーキングホリデーも自力で挑戦してみようと思うのであれば、
エージェントを使う必要はありません。
費用も節約できますし、良い経験になります。

以上で二か国留学の説明を終わります。

何かご不明点等あれば、是非ご相談にいただけれれば、何なりとお答えします。

スポンサードリンク

フィリピン留学での実際の生活を下記記事で紹介しています。
フィリピンで実際にどのような生活をするのかをリアルに知りたい方は是非、参考にしてみてください。

フィリピン留学現地での生活レポート

2ヵ国留学を迷っている方は、フィリピン留学を迷っている方は、恐らくフィリピン就学への不安がある方だと思っております。
そんな方は、下記記事にフィリピン留学へ行く際の不安をあげています。
是非、こちらも参考にしてみてください。

フィリピン留学に行くまでの不安をすべて解消


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です