フレンズから英語を学ぶ – 夜遊びで使える英語 –

296

この記事では、アメリカドラマ フレンズからおもしろ英語フレーズをピックアップしています。

フィリピン留学、オーストラリアで学んだ日常英会話や海外ドラマ、海外映画で見つけたかっこいい英語の言い回しを紹介するサイトです。
皆さんが楽しく英語を勉強し、英語ペラペラになる手助けができるような英語サイトを目指しています。

フレンズの面白シーンから英語を学ぶ

スポンサードリンク

最近は、Friends(フレンズ)のシーズン9を見ながら、英語を勉強しています。通勤の20分、昼休みの15分、夜の30分ドラマを見て、初めて見る英語表現などはメモしています。
Netflixでは、フレンズが英語字幕、日本語字幕どちらも見れるので、とても勉強になります。
ちなみに、私は、字幕なしで英語音声でドラマを見ています。「あれ、今何て言ってたっけ?」となった時に、英語字幕を見るようにしています。
フレンズは、優しい英語をゆっくり話しており、非常に聞きやすく、英語学習にぴったりの英語ドラマです。
フレンズを見る一番のメリットはおもしろいというところなんですがね。

この記事では、フレンズのドラマがなぜ、英語の学習に適しているかを解説していますので、参考にして頂ければ。

なぜ、フレンズは英語の勉強に良いのか?

嘘をつく方がいいに決まっているを英語で言うと?

It is always better to lie than to have the complicated discussion.
(和訳)ややこしくなる前に嘘をつく方が良いに決まっている。

これは、オクラホマ州のタルサで単身赴任をしているチェンドラーがニューヨークに住んでいる奥さんであるモニカに言ったフレーズです。
フレンズ シーズン9の第9話でのシーンとなります。
モニカとチェンドラーの休みが合う日に、チェンドラーの友達であるジョーイ(モニカも友達)から、バスケットの試合を見に行こうと誘われたシーンで、チェンドラーは、モニカと夜を一緒に過ごさなければならず、ジョーイからの誘いを何とか断らなければいけません。そんな時にチェンドラーは、ジョーイに仕事が忙しく、タルサからニューヨークに戻れないと伝えて、バスケットボールの試合観戦を断りました。

これで心置きなく、イチャイチャできると思った時、ジョーイがモニカを訪ねてきます。そんなシーンでモニカが、何故、ジョーイに嘘をついたの?とチェンドラーに聞き、チェンドラーが「もめそうな時は、嘘をつくのが一番」と言うんですね。
そのシーンは、下記動画を参考にしてみてください

It is better to ~ than to ~.
(和訳)~するより、~する方が良い

この表現は日常で良く使えるなと思い紹介しました。
他にもこんな風に使えます。

It is always better to play outside than inside.
(和訳)中で遊ぶより外で遊ぶ方がいいよね。

どんどん使っていきましょう。

衝動で・・・を英語で言うと?

次のフレーズもフレンズ シーズン9の9話より、ワンシーンを紹介したいと思います。
レイチェルとフィービーが二人で夜遊びしている時、男性二人がナンパし、電話番号を聞こうとします。その時の会話を紹介します。
夜遊びは、英語でnight outと言います。こちらも覚えておきましょう。

We ‘ve gotta go to another place to have a party.
(和訳)俺たち、違うパーティーに行かなきゃいかなくて・・・。
mark
mark
Well, we could get your number and give you a call if we find something fun.
(和訳)電話番号教えてくれれば、そのパーティー楽しかったら呼ぶけど?
mark
mark

これで、レイチェルは、この男性に電話番号を教えます。その後のガールズトークが今回紹介したい内容になります。

What were you thinking?
(和訳)何考えてるの?
phebee
phebee

子供もいて、ロスもいるのに、男性に電話番号を渡したレイチェルに対して、フィービーが少し怒った雰囲気でレイチェルを責めます。
その後のレイチェルの一言です。

He was cute and he liked me.
(和訳)彼、可愛かったし、私のこと好きだったし・・・。
Rachel
Rachel
It was an impulse.
(和訳)つい、衝動で・・・
Rachel
Rachel

この「つい、衝動で・・・」という一言が非常に良く使えるなと思い紹介しました。皆さん海外に行って、お酒を飲みにバーやクラブに行けば、ナンパされますよね?
日本人は、綺麗な人が多いので海外でモテます。そんな時のガールズトークで使ってほしいフレーズになります。
アメリカのドラマや映画を見ていると、女性が男性を褒める時に、ガールズトーク内では、「cool」や「handsome」より「cute」という単語が良く使われます。

前よりもっとうまく隠すからを英語で言うと?

I’m not going to smoke again. I will hide it so much better from you.
(和訳)もう二度と吸わないから!吸ったら、前よりももっとうまく隠すから。

これは、チェンドラーがたばこを吸い、匂いでモニカが気づき、チェンドラーを怒るんですが、その後に怒りすぎてごめんと仲直りするシーンになります。

I’m sorry. I should not have come down on you so hard about the smoking.
(和訳)ごめんなさい。タバコについて、こんなにきつく言うべきではなかったね。
Monica
Monica
So you had a few cigarettes.It is not the end of the world.
(和訳)たかが、1,2本のタバコだもんね。世界の終わりじゃないもんね。
Monica
Monica

このフレーズの後に、チェンドラーが「I will hide it so much better from you」と言い、めでたく仲直りします。
このフレーズの英語フレーズで覚えてほしい部分は、「come down on you 」で、「詰め寄る」という意味になります。
良く聞くフレーズですので、今後も映画やドラマを見る際には意識してみてください。

夜遊びで使える英単語

スポンサードリンク

少し、トピックは変わり、夜遊びに関して、触れたので、夜遊びで使える英単語を紹介します!
お酒を飲むことで、英語を話す抵抗も大分下がり、外国人と一層仲良くなれるはずです。

  • night out
    (和訳)夜遊びする
  • flirt with
    (和訳)ナンパをする
  • get laid
    (和訳)ヤる
  • TGIF(Thanks God It’s Friday)
    (和訳)華金
  • bottom’ s up.
    (和訳)一気飲み
  • booze-up
    (和訳)たくさん飲む。バク飲み
  • get down to get down
    (和訳)クラブで踊りまくろう
  • ask out
    (和訳)誘う
  • precaution
    (和訳)避妊具

これらが、良く使われると思われる夜遊び英単語になります。
次の飲み会で使ってみましょう。

スポンサードリンク

・ついに会員数50万人突破!各種メディアで紹介!
・忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です