「成績優秀者」、「要点を言う」を英語で言うと?

1325

この記事では、「成績優秀者」「成果主義」「要点を言う」「遠回りな言い方をする」を英語に訳した時の表現について解説しています。

フィリピン留学、オーストラリアで学んだ日常英会話や海外ドラマ、海外映画で見つけたかっこいい英語の言い回しを紹介するサイトです。
皆さんが楽しく英語を勉強し、英語ペラペラになる手助けができるような英語サイトを目指しています。

英語を勉強

スポンサードリンク

①成績優秀者

(英訳)high-achiever

今回、この「achieve」という英単語を紹介します。
big bang theoryの中でもこの英単語が使われていましたので、皆さんに紹介しようと思います。

まず、「achieve」の意味を英語で見てみましょう。

to bring to a successful end
(和訳)成功を収めた終わりもたらす

英語での意味を見ても簡単にわかりますね。
achiever」は、「成功を収める人」と訳され、「high」とは「高い」と日本訳できますので、
high-achiever」は、「高い成功を収めた人」と日本語訳することができ、意訳で「成績優秀者」と日本語訳することができます。

Big bang theoryでは、下記のように使われていました。
レナードの母が言った一言です。

I ‘m preparing to write a book on high-achieving couples.
(和訳)私は、うまくいっているカップルについての本を書こうと思っています。

レナードの母は学者ですが、このように正式な文章としても「achieve」を使用できますね。

他の「achieve」を使った例文も見てみましょう。

You’re just achievement oriented.
(和訳)あなたは、成果主義者ですね。

「achieve」の名詞形である「achievement」と「~志向」を意味する「oriented」を組み合わせて
成果志向である」と日本語訳します。

この「achieve」は、いい意味の英単語ですので、たくさんの場面で使うことができますね!
他に「achieve」の類義語も紹介します。

  • carry through
  • accomplish

これらも良く使われる英単語になりますので、併せて覚えておきましょう。

②要点を言う

(英訳)Cut to the chase

この英単語ですが、ビジネスシーンではもちろん、非常によく使われます。
例文を見てみましょう。

Don’t beat around the bush.Let’s not cut to the chase.
(和訳)遠回りは止めて!要点を伝えてください。

この「beat around the bush」と「cut to the chase」を良く組み合わせて使います。

beat around the bush」は、「茂みをぐるぐる遠回りしながら進む」という意味で、これを意訳することで「遠回りな言い方は止めてください」と日本語訳することができます。
日本人は、良く回りくどい言い方をすると言われていますが、この「don’t beat around the bush」と言われないように気を付けなければいけませんね。

Cut to the chase」は、「追いかけてカットする」と直訳されますが、昔の映画作成時に時間を無駄にせずにカットをしていこうと言う、ところからの由来だそうです。
また、似たような意味で「get to the point」という英語表現があります。

どちらの英語表現も覚えておきましょう。

インプットは大事ですが、もちろん、アウトプットも非常に大事です。
英語を話す手段は留学だけではありません。
日本でもたくさんできることはあります。スカイプ英会話もおすすめです。

スポンサードリンク

毎日できるマンツーマン英会話 25分129円~。
ついに会員数50万人突破!各種メディアで紹介!今話題の英会話サービス
1日200円以下で毎日レッスン~ ・みるみる上達。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です