「きっかけ」、「調子にのる」、「筋肉痛がひどい」を英語で言うと?

254

この記事では、「調子にのる」、「きっかけを作る」、「筋肉痛」などの日常で良く使うフレーズを英訳した時の英語表現を紹介しています。

オーストラリアで学んだ日常英会話や海外ドラマ、海外映画で
見つけたかっこいい英語の言い回しを紹介するブログです。
皆さんが楽しく英語を話せる手助けをできるような英語メディアを目指しています。

海外映画、海外ドラマを中心に英会話フレーズを紹介します。

日常でよく使う簡単な英会話フレーズ

スポンサードリンク

今回も海外ドラマから拾ってきたかっこいい英会話例文を紹介します。

銃を突きつける

(英訳)「point the gun to my head」

映画で良く聞く英語フレーズでしたので、ピックアップしました。
ダイハードやラッシュアワーのようなアクション海外映画で出てくフレーズです。
正直日常で使うことはあまりないかもしれませんが、映画やドラマでは非常に良く出てくるフレーズですので知っている必要があります。

また、「gun」という英単語を使ったフレーズがたくさんありますので、この際に覚えておきましょう。

jump the gun
(和訳)向こう見ずな

こちらも映画などで良く耳にします。例文を見てみましょう。

We have dated for just one month. Isn’t it jump the gun to live together?
(和訳)私たちはまだ、付き合って一ヶ月です。同棲するには、早すぎないですか?
エイブ
エイブ

このような会話たまにありますよね。「ちょっとそれ、早すぎない?」という時にこのフレーズを使います。

他にもこのような面白い表現もあります。

Bringing a Knife to a Gunfight.
(和訳)準備不足ですよ。

これは、直訳すると、「銃撃戦にナイフを持ってくる」となり、かなり無謀ですよね?
ここから、銃撃戦にナイフで行こうとするなんて準備不足だと言われたりします。
「gun」ではありませんが、「gun」に関連した単語を使って下記のような英語表現もあります。

Pull a trigger
(和訳)引き金を引く

引き金を引くという意味から、このような使い方ができます。

This experience pulled my trigger to do it!
(和訳)この経験が私がこれをするきっかけになりました!
エイブ
エイブ

Pull a trigger」は、「きっかけになる」という日本語訳をすることができます。
このように簡単な英語で英語を表現することができます。

筋トレで体全身筋肉痛です。

(英訳)「I am sore all over from last work-out.」

最近日本でも筋トレが流行っていますが、海外の人たちはもっと筋トレが好きです。女性も引き締まっている人が多いですよね。
現地にいれば、現地の友達と筋トレに行く時が来るかもしれません。そんな時にこのフレーズが使えます、
この「痛い」という英語表現は痛みの種類によって使い分ける必要があります。

I am sore at the back.
(和訳)背中が痛い。
エイブ
エイブ

この「sore」という英単語ですが、基本的に筋肉痛や腰痛など体のどこかが痛い時に使います。
傷などの痛みは、It hurts.」と英語で表現することができます。
ちなみに肩こりや寝違えた
など体が硬くなっている時は、「stiff」を使います。

I still have little stiff shoulders.
(和訳)少し肩が凝っています。
エイブ
エイブ

難しいですが、使い方を間違えればとても違和感のある会話になってしまいますので、是非覚えておきましょう。

調子に乗るな

(英訳)「Do not let it go in your mind!」
直訳は「自分の頭の中で(都合のいいように)進めないでね」となりますが、意訳では、調子に乗ったらだめだよとなります。
この英単語も日本語に訳すのが非常に難しい言葉になります。
海外映画の会話の中でも使われるフレーズです。TOEICなどでも、意味の違う形で使われそうですので、是非頭に入れておいてください。

Cherio!

スポンサードリンク

・ついに会員数50万人突破!各種メディアで紹介!
・忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です