Taylor Swiftのインスタの英語を和訳

362

この記事では、Taylor Swift(テイラー スウィフト)のインスタの投稿を日本露訳にし、重要な英語表現に関して、解説しています。

フィリピン留学、オーストラリアで学んだ日常英会話や海外ドラマ、海外映画で
見つけたかっこいい英語の言い回しを紹介するサイトです。
皆さんが楽しく英語を勉強し、英語ペラペラになる手助けできるような英語サイトを目指しています。

スポンサードリンク

インスタでテイラー スウィフトは何てつぶやいているの?

海外映画、海外ドラマを中心に英会話フレーズを紹介していますが、
前回に続き、本日は、いつもとはテイストを変え、私が愛して止まないテイラースウィフト(Taylor Swift)から英語を学びましょう。

今日は、テイラースフィフトの日常のつぶやきから、英語を学んでみようと思います。

皆さんもきれいなモデルのInstaやTwitterを見ることよくありますよね。

綺麗だなーと思いますよね。

しかし、ここで一つ問題が

何て書いてるかわからない。何て言ってるんだろう?
そんな疑問に答えたく、Taylorのインスタでつぶやかれた投稿から英語を学びましょう。

ファッションショー前のテイラー

Bout to walk out on the @iheartradio carpet, thought I’d show you first.
Taylor
Taylor

皆さんテイラーが何と言っているかわかりますか?
割と省略などが多く難しいです。

Bout to walk out on the @iheartradio carpet,
(和訳)今から、iheartradioのファッショショーで歩きます。

ここで重要な部分は、「Bout to~
これは、「今にも~しようとする」という日本語訳ですが、本来「About to~」となります。
しかし、発音するときは、aboutの「a」をほとんど発音しないため、日常で書く際は省かれます。

thought I’d show you first.
(和訳)あなたに一番初めに見せれたらな~と思った。

「Thought」となっていますが、「I thought」の「I」が省略されています。
また、I’dも「I would」という英語フレーズが省略された形となっています。
「would」を使うことで、仮定法として、「~できればよいのに」という日本語訳になります。
また、これを過去形にして使いたければ、
「I would have ~」となり、「~できればよかったのに」という日本語訳になります。

英語の省略などに関する記事はこちらにも記載されてしています。

【必見】日本人は英語を聞き取ることが、なぜできないのか?

ELLEの表紙のテイラー スウィフト

Taylor
Taylor
We have to live bravely in order to truly feel alive, and that means not being ruled by our greatest fears.

この投稿は哲学的でテイラーの生き方を感じさせます。
分解していきましょう。

We have to live bravely in order to truly feel alive
(和訳)私たちは本当に生きていると感じるために、勇敢に生きなければいけません。

このテイラーの英語フレーズから学べる重要な単語は「in order to」というフレーズです。
不定詞の「to」と同じですが、「~するために」という意味が非常に強い英会話フレーズです。
例文はこちら

エイブ
エイブ
We have to earn money in order to live by myself.
(和訳)自分で生きていくためには、お金を稼がなければいけません。

次の文を日本語訳してみましょう。

and that means not being ruled by our greatest fears.
(和訳)そして、それは、自分たちの大きな不安に支配されるという意味ではない。

非常に難しく、poeticですね。
さて、繋げてみましょう。

We have to live bravely in order to truly feel alive, and that means not being ruled by our greatest fears.
(和訳)私たちは本当に生きていると感じるために、勇敢に生きなければいけません。しかしそれは、大きな不安に支配されるという意味ではない。

私の解釈ですが、何かに恐怖や不安を感じている時に、「私生きているな!」と感じるのではなく、楽しい時や生きがいを感じている時に、「私生きている実感がある」
と思うようにしなければいけない。ということです。
一言で言うと、人生を楽しめ!ということなのかと。

他の解釈があれば、是非コメント頂ければ!

taylorswift

テイラーのインスタはこちらからどうぞ!

これだけの、短い投稿ですが、色々と英語の勉強になりますね。
また、目的が英語の勉強というよりも、この人は何て言いたいんだろうというモチベーションのため、楽しく英語に触れることができますね!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です