「了解です」、「楽しもうぜ!」を英語で言うと?

902

この記事では、

フィリピン留学、オーストラリアで学んだ日常英会話や海外ドラマ、海外映画で
見つけたかっこいい英語の言い回しを紹介するブログです。
皆さんが楽しく英語を勉強し、英語ペラペラになる手助けできるような英語メディアを目指しています。今回も、いつも見ているNetflixの海外ドラマからピックアップした日常的に使われるスラングを紹介します。

日常英会話を使おう

スポンサードリンク

踊ろう!

(英訳)Get down to get down

Get downには、たくさんの意味があります。

その中でも、この「Get down to get down」は、「へい!楽しもうぜ!」と日本語訳することができます。
イメージでは、仕事終わりにお酒を飲んでいたら、クラブに行ってワイワイしようぜ!
なんて時に使います。

初めの「Get down」は「自分のガードを下げる」というイメージで「ハメを外す」と訳すことができます。
後の「Get down」は「踊る」の意味で

Get down to get down」は「ハメを外すように踊る」という意味となり、意訳することで「楽しもうぜ!」という日本語訳になります。

完全なスラングで、日常では良く使われる表現になります!
海外で飲み会などがある際は是非この表現を使ってください。

了解です

(和訳)Crystal

これは、ビジネス英語にもなりますので是非覚えていてください。
Crystal」のようにクリアです。という日本語訳になりますが、クリアというのは、頭の中に迷いがないくらいに理解しましたという意味になります。

その他にも「了解です」や「わかりました」という英語表現はたくさんあります。

Clear

(和訳)わかりました。

この「clear」も「Crystal」と同様に、「クリアです」という意味になります。「Crystal」は少し大げさに、「わかりましたよ!」のような
ニュアンスになり、「clear」の方が一般的には良く使われる英語表現です。

Roger that.

(和訳)ラジャー!

日本語のラジャーという意味になりますが、英語では、「ロジャー」と発音します。
戦争映画や、軍が出てくるもの、ミッション系の海外映画で良く使われる英語表現になります。

Copy that.

(和訳)畏まりました。

この英語表現も「Roger that」と同じように使われます。特にトランシーバーの会話内で使われます。
「Copy that」は、相手が言ったことを「コピーしました」と言う意味で、コピーできるほど理解しました。というニュアンスになります。

Get it

(和訳)わかりました。

日常英会話頻出英単語になります。もちろん、TOEICなどにも使われますので、絶対に覚えていてください。

こんな風にも使えます。

Did you get what I have said before?
(和訳)私が以前言ったことわかってなかったんですか?
エイブ
エイブ

疑問として、「わかりましたか?」などの質問については、下記記事にまとめています。
「両手をあげろ」、「全力でする」、「宙ぶらりん」を英語訳すると?

こんな風に聞かれたら、このように答えるのか!という風な一連の流れがわかっていただければ幸いです。

このようにたくさんの、「わかりました」の英語表現があります。
簡単で、すぐに使える単語ですので、覚えて使いまくりましょう。
スポンサードリンク

・ついに会員数50万人突破!各種メディアで紹介!
・忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です